大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

マナーのよさが光るピアノ教室の生徒さん ♪

      2019/04/22

ご挨拶ができること。お返事ができること。

『 先ずはご挨拶から! 』
当たり前の基本ですが、それが徹底できるのは素晴らしいことですね。

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室

 7歳の R ちゃんは、4歳からピアノレッスンを始めました。

出会ってからのレッスン回数を考えると 約、150 回数ほどになる計算になります。
その間、一度も気分にムラがある
( ご機嫌が悪い )ことがありません。

「 こんにちは (^▽^)/ 」
「 お願いします ♪ 」
「 ありがとうございました !! 」
「 さようなら (o^―^o) 」

ほとんどの生徒さん方は 皆さんきちんと立派にご挨拶ができます。


次のレッスンへ続く とっておきのご挨拶

R ちゃんの礼儀は ほんの少し光ります。

♪ レッスンの誘導「 では この小節からもう一度弾いてみましょうか 」⇒「 はい! 」
♪ 内容の説明「 この箇所のリズムは 〇〇になります 」⇒「 はい! 」
♪ 疑問 & 質問「 何かわからないことはありませんか? 」 ⇒「 はい! ありません。」
という風に必ずお返事が返ってきます。

 決して気難しい時間ではなく、レッスンまでにあった( 私に )聞いてほしいエピソードや
楽しかったこと、悔しかったこと、びっくりしたことなども
「 先生にお話があるの、聞いてくれる?」とにこやかにお話してくれます。
( もちろん大阪弁!で。 7歳らしい可愛らしい表現です (o^―^o) )
声を出して笑ったり、お熱で練習不足だった時の説明もできます。

 レッスン後に必ず「 来週もよろしくお願いします! 」と一礼されます。
このご挨拶を受けると「 はい! 次回も元気でベストなレッスンをお約束します。」と引き締まり『 本日のレッスン終了 』ではなく、『 次回のレッスンへの気合スイッチ 』へと繋がり
もっと頑張らないと💪と 良い意味で講師を律してくれます。

そうです。礼儀 & 態度( マナー )は自分の為のものですね。
幼くても それをきちんと知ってわきまえている R ちゃんのご両親の躾に感謝です (^^♪

ピアノが上手なことは言うまでもありません。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

歌うまキッズへの道 ☆< 歌が上手くなる子の特徴 >

 - ピアノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

6歳 ピアノ体験レッスン ♪

ピアノで習い事デビュー (^^)v 『 習い事が初めてなんです! 』そうおっしゃ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
受験生とピアノ < ピアノを続けながら進学校に合格できる理由 >

受験勉強とピアノ  小学校受験、中学校受験 また、高校受験、大学受験と 毎年 年 …

あがり症の克服にお勧めのレッスン 🎶

『 人前で緊張してしまう 』という悩み   大事な発表の場で極度に緊張してしまう …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノレッスンは右脳を鍛える !!

ピアノは両手の指をそれぞれ複雑に動かせる!   ピアノは ほぼ右手( メロディー …

ピアノを弾くことで心を健康に♪

楽器演奏で自己をコントロールする!  人はそれぞれタイプがあり、適応できる環境も …

集中
バイオリンが上手に弾ける喜び ♪

上手に弾けるが増えること ♫  『 上手に弾ける曲!』が どんどん増えてくると自 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
兄弟レッスン増えています [ 1 ] < ピアノ( 姉 ) & ピアノ( 妹 )の場合 >

お姉ちゃん & 妹ちゃん 大東市からお姉ちゃんと一緒に通われる N ちゃ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
曲への思い入れとは? < 上達の芽を伸ばすために >

丁寧にきちんと練習した曲は飽きない 👆   ピアノ、バイオリン、 …

ピアノ
体験レッスン受け方のコツとは? < 有意義な時間にする為に >

入室以降 快適なレッスンをスタートさせる為のステップとして   多くの体験レッス …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
前向きな気持ちでレッスンできること ♪

アファメーション !! (^^♪  新しい年を迎えると『 今年は 〇〇 で 〇〇 …