大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

アンサンブルレッスンから演奏力以上の力が身につくこと [ 1 ]

      2021/07/13

アンサンブルの経験から自分を律することを学ぶ 🎵

 ソロ演奏でもアンサンブルでも曲の完成に向けて練習しながら準備していく『 曲の構築過程 』は同じです。
その違いは、構築する人数で ソロは文字通り 1人ですが、アンサンブルでは 2名以上。
編成の人数が大きくなればなるほど曲の完成までの熟成時間が必要です。


< メンバーのそれぞれに演奏力があっても直ぐに素晴らしい演奏には繋がらない (^_^; >

 数年前に音大生編成の合唱コンサートを観覧したことがありますが、数名ほど際だって聞こえてきた声がありました 😲
その声は「 なるほど現役で音楽を学ぶ大学生・・ 」と感じる若々しく素敵な歌声でしたが、
合唱向きではないかな?と感じたものです。
ソロ演奏の練習( レッスン )をしていると、自分が奏でる音が全てですが、
アンサンブルでは常に他の音に耳を傾けることが必要です。

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆

2名以上で演奏する『 アンサンブル 』ではハーモニーが重要です。

 演奏者がそれぞれ持っている良いものを活かしながら他とハーモニーを合わせ、みんなで一つの曲を作り上げるという想いを先行させることからのスタートだと考えます。

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室

ソロ演奏だとある意味 自己責任のところ、アンサンブルでは練習の段階から お休みすると支障がでる、音がずれると曲が乱れるなど「 皆が他に迷惑をかけられない・・ 」と緊張します。
ソロとはまた違った その緊張感こそが自分の演奏向上のエッセンスとなります 💪
また、『 曲の完成 ✨ 』は 正に人数分の感動が体感できますね (^^)v

ミュージックベル & バイオリンのアンサンブル『 Do You Hear the People Sing ? 』 🎵


 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、
     
大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室 ♪

 

アンサンブルレッスンから演奏力以上の力が身につくこと [ 2 ]

 - ピアノ, ボイトレ・声楽・オペラ, ヴァイオリン・ビオラ, 保育士育成, クラリネット, フルート , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
ナポリ民謡『 帰れソレントへ 』の魅力 と 歌唱のポイント ♪

親しみのある有名なイタリア歌曲 🎶   大きく包み込まれるような …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンの弾き方 [ 1 ] < デタッシュ について ♪ >

デタッシュ Detache とは?  弦楽器の( バイオリン、ビオラなど )用語 …

桜
春からスタートするレッスンのメリットとは? 🎵

レッスンルームの窓から桜が見える教室 🌸  お彼岸が過ぎて気温の …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
60代からピアノを習う方が増えています ♪

60代 から通うピアノ教室   お母さまが子どもちゃんにピアノを習わせたい! と …

自由な子ども
レッスンに集中できない理由 < 個性が強い場合 >

レッスンの受け方が理解できない子どもちゃん  5歳ぐらいまでの幼児や『 習い事デ …

大阪府 四條畷市のスウォナーレピアノ教室
習い事にピアノをお勧めする理由 ♫ <音楽の基礎を学べる>

ピアノは楽器の王様 !  例えば あなたが 『 歌 』 を上手に歌いたい! また …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
50代の声楽レッスン ♪ < 重唱で学べる歌唱 >

デュエット( 2重唱 )を楽しむ (^^)v  独唱( ソロ )もよいですが、声 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
『 子どものボーカルレッスン 』で得られる 3大メリット [ 2 ]

言葉の意味やストーリを理解できるようになる 👆   歌詞には作者 …

クラリネット
クラリネット 音の出し方のコツ

初心者がクラリネットを吹く前にすることとは?   初心者さんがクラリネットを吹い …

兄弟
兄弟 同じ習い事に迷ったら・・

兄弟 同じ習い事でも問題ないの?  兄弟が同じ習い事をした場合のデメリットをあげ …