大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

クラリネットレッスンを始めた 50代の生徒さん 🎵

   

楽器レッスンを始める 50代は多い (^^)v

 東大阪市から通われる I さんが新しくクラリネット教室にご入室されました 🎵
『 クラリネット体験レッスン 』を終えて「 楽しい !! 」とご感想を頂戴し、初レッスンを終えて「 難しい・・ 」と簡単には習得できない難しさをほぼ同時に体感されました。

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆

吹奏楽器は、息を吹き込んで音を鳴らしますので呼吸法を勉強しないといけません。
( 声楽も同様ですね )
初心者さんは、先ずは正しい姿勢で楽器を持ち、音を鳴らすところからスタートします。
より美しい音色を求め、自分が求める『 音 』を追求するまでには鍛錬を積み時間もかかりますが、それが嬉しくも楽しみでもありますね (#^.^#)


 
< 50代は『 これから !! 』をスタートできる最適な年齢です >

 教室に通われる大人の生徒さんで最も多い世代が 50代です ✨
( 次いで 60代、70代と続きます )

何故 50代からのレッスンが人気なのか (?_?)
 50 代といえば そろそろ人生の後半に入っていきますが、

1. まだまだ若く いくらでもチャレンジに対応できます。( 決してご高齢ではない!)

2. 過去のあらゆる経験値から自分を見つめる余裕がある

3. レッスンやお家練習時間のリズムを作り出せる環境が整っている

4. ご家族の応援・理解に恵まれている( ⇐ これが一番大きいですね )

。・:*:`☆、。・:*:`★  、。・:*:`☆

大阪府四條畷市のスウォナーレクラリネット教室

 楽器を通じて『 打ち込めるもの 』があるとそれだけで自分が輝きます。
大切な人が 明るく元気にワクワクと輝いている姿はご家族にとっても有り難く嬉しい様子ですね。
受講者さんがご主人ならその奥さま、奥さまならそのご主人が側で見ていて嬉しくなる・・
息子や娘にとっては 頑張る親を応援したくなる! 楽器にはそんな力があります。

I さんもご家族のご理解、応援を受けて『 憧れ 』でもある先輩生徒さんの背中を追いながら、
早速『 次回の舞台! 』という目標をもって頑張っています 💪
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、
     
大阪府四條畷市のスウォナーレクラリネット教室 ♪

 

50代のピアノ体験レッスン 🎶

 - クラリネット , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ発表会のドレスの選び方 🎹

意外と難しい?パニエ選び !!  ピアノ、バイオリン、声楽 etc の発表会では …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
ピアノ or バイオリンレッスンを継続できる 4つのポイントとは?

レッスンが継続できるポイントとは?  レッスンを開始する時、夢や理想を描いて誰も …

大阪府四條畷市のスウォナーレクラリネット教室
大人が楽しむクラリネット 🎵

大人の生徒さんが演奏する『 One O’Clock Jump 』  …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
発表会を楽しむこと < 舞台で大きく成長できたこと ❢ >

発表会が無事に終了しました (^▽^)/   教室発表会の日は演奏する出演者もス …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ発表会にお勧めの髪型とは?

舞台での動作で考える髪型  ピアノ発表会でのドレスが準備できると次に「 どんな髪 …

大阪府四條畷市のスウォナーレクラリネット教室
クラリネット教室の体験レッスン ♪

レッスンのお問い合わせ ♪ 「 クラリネットレッスンに興味がありまして・・ 」と …

クラリネット
クラリネット 音の出し方のコツ

初心者がクラリネットを吹く前にすることとは?   初心者さんがクラリネットを吹い …

兄弟
兄弟 同じ習い事に迷ったら・・

兄弟 同じ習い事でも問題ないの?  兄弟が同じ習い事をした場合のデメリットをあげ …

リズム 拍子
リズムに乗り遅れる原因とは ? < 四分音符と八分音符について >

リズム感を鍛える!  楽器を演奏する時も、歌唱する時もリズムに乗り遅れると曲のテ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
曲への思い入れとは? < 上達の芽を伸ばすために >

丁寧にきちんと練習した曲は飽きない 👆   ピアノ、バイオリン、 …