大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

ピアノ と バイオリンの両立 ♪

   

ピアノ & バイオリンの並行レッスンで得られる大きなメリット ❢ 

 幼い頃 ご両親の想いにより楽器と出会った生徒ちゃんは、
まだ本人の『 習いたい! 』という強い意思が弱い場合がほとんどです。

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室

ピアノかバイオリン・・
お子さまにどちらかが弾けるようにと願い、楽器選びに迷われるご両親も多いです。
最善の選択方法としては、将来的にご本人の意思を確認し、どちらの楽器がより適しているのかの見極めですが、
それにはどちらも習ってみる必要がでてきますね。

 当方スウォナーレ音楽教室では、
特に幼児の場合 音感を身に着けるという意味でも
ひとまず期間限定でピアノ & バイオリンの両方を各専門の講師を通じて受講することが可能です。
 
大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室

鍵盤奏で音の仕組みが理解でき、
確実に音程が身に付きます。
更に 6歳半までなら絶対音感も身に付きます 👆
鍵盤奏ができるという技術は、後々 専門にバイオリンを選択されてもプラスとなる部分が多くありマイナス部分はありません。


< よくあるご質問 >
Q. ピアノとバイオリンの並行レッスンは難しいイメージがあり、本人がパニックにならないのでしょうか?

A. 幼児はとても賢く器用ですので、上手く切り替えができます。
よって同時に受講されてもパニックになってしまうことはなく、
同時並行だから難しいと感じられることもありません。
後にバイオリンを専門に選択されても鍵盤奏ができることに感謝されています。
また、ピアノを専門に選ばれてもバイオリンの知識が演奏力に活かされていきます。

Q. 期間限定レッスンが終了しても更に同時並行レッスンはできますか?

A. もちろん可能です。
ですが、上達すればするほど楽曲が大きくなり、その練習に費やす時間が必要です。
なかなか両方の練習時間を確保することは難しくなってきますので、
自然とご本人がどちらを専門とするのかを考え、ご自身で選ばれます。
幼少の頃の 5 : 5 だったレッスンや練習を 7 : 3 、8 : 2 と徐々に切り替えると
上手く同時並行していけますね。

バイオリン奏者にとって正確な音程は生涯のテーマです。
ピアノ & バイオリンレッスンの同時受講は、
幼少だからこそ可能性を追求できる大きなチャンスとも言えますね。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 / バイオリン教室 ♪

バイオリンをお勧めする理由 ♫

 - ピアノ, ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンをお勧めする理由 ♫

バイオリンをお勧めする 4つの点 (^^♪ ♪ バイオリンの魅力は 先ず、音色が …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン と ピアノ どちらを習うかで悩む方へ

楽器経験と年齢で考えてみる ☆ 数年の( 2~3 年間ピアノレッスン経験歴あり …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ 門真市より元気に通われるバイオリン大好き生徒さんより レッスン開始より一度も …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが買えない 😢 < 音楽をあきらめない為に >

音楽をあきらめない方法 ピアノを始めたい!と思ってはみたものの・・ ♪ 家にピア …

フランツ・リスト
リストのピアノ と パガニーニのバイオリン

パガニーニのバイオリン曲  達人の域に達する超一流の演奏家『 ヴィルトゥオーソ …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
楽器を始めてみたい ♪ と考えている方へ [ 3回目 ] バイオリン編

楽器の種類について知る < バイオリンについて ♪ > ☆ 弦楽器( バイオリン …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンのボーイング(運弓)について ♪

美しい音色への追及 ♫  「 どうしたら美しい音がだせるだろうか・・? 」 そう …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ スウォナーレバイオリン教室の生徒さんより 手作り便箋に素敵な手作りアート ( …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ教室の選び方 < ピアノを習いたいと思ったら >

自分を見つめること  生徒さんにとっても、指導するピアノ講師にとっても出会いは奇 …

6月からピアノ
6月に習い事を始めるメリットとは・・?

6 月 6 日は楽器の日 ♪  日本では、新学期が 4月からスタートし、事始めと …