大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

高い声が出ない !!< その原因とは ? >

   

高音が上手く発声できない原因 < 脱力は難しい ?! >

 発声練習は ごくごく自然体の『 歌唱前のウォーミングアップ 👆 』として
数分声出ししていきますが、この時点から既に全力疾走の生徒さんもおられます (o^―^o)

 運動前の準備体操と似ていて、いきなり歌うのではなく発声練習をすることで
歌う準備段階として喉にも優しい環境ができますね。
そのウォーミングアップで難しいのが『 脱力 』。
キーを上げていく途端に身体や声帯など至るところに力が入ります。


< 自己ベストなキーで発声すると >

耳に聴こえてきた音程が「 自信がある !! / Ah~♪ 」と思うので比較的美声で発声できます。

< 自己ベストでないキーで発声すると >

自分のベストなキーから離れていくので
「 うゎ、高くなる (-_-;) / Ah・・ 」と緊張したり、構えたり、
「 う・・、低すぎ !! 」と力んだり、
キーによって発声する前に先ず身体が反応して固くなってしまうのです。


 
大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室

 特に高音や低音は余分な力が入っていると
上手く発声できませんね。

そこで『 脱力 』ですが・・
これが頭で理解していても意外に難しいようです。

焦らずにイメージトレーニングから解決していくと
いつの間にか自分でも「 えっ? ウソ !! 今の声キレイ ♡ 」と 軽~くクリアできていく生徒さん方続出です (^^♪
 

 実は、脱力の一番の敵? は焦りなんです。
なにクソ! と思えば思うほど( 意地になるほど )余分な力が入っていきますので、
美しく発声できていた音までつられてきます。

そんな時は一度、リラックス。
( 声はとってもデリケートなんです。本日の発声練習はここまで !! と潔くリセット )
美しく発声できている音程を更に磨きをかけて一歩づつ目標の高さへ近づけるとよいですね。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室 ♪

声楽個人レッスンについて

 - ボイトレ・声楽・オペラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
観る人を笑顔にできる力

エンタテイナー性が身に付く教室コンサート第二部 ♪   毎年開催する教室コンサー …

トリスタンとイゾルデ
カウンターテナーの生徒さん 🎶

カウンターテナー  Countertenor  オラトリオや古典オペラを好まれる …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが買えない 😢 < 音楽をあきらめない為に >

音楽をあきらめない方法 ピアノを始めたい!と思ってはみたものの・・ ♪ 家にピア …

ピアノで表現する序曲 ♫ < 序曲の楽しみ方 >

序曲にはお得感満載 👆   序曲 Overture とは・・? …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
コーラス(合唱)の魅力 ♫

   一緒に歌ってみませんか? 『 コーラス 』 とは、音程の違うメロ …

流れ
歌うと どもらない理由

歌うとどもらないってホント?   史実を基に描かれた『 英国王のスピーチ 』とい …

ナポリ民謡
歌うまキッズへの道 ☆

初めて イタリア歌曲に挑戦!  キッズボーカルレッスンをスタートされて 3年目。 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
オペラ『 ラ・ボエーム 』の魅力 ♪

若き芸術家たちの競演   ジャコモ・プッチーニの 4大オペラの一つに数えられる …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ伴奏による本格ボーカルレッスン ♪

ピアノの音を聴きながら学べること  ピアノを使って行う歌の指導では音を聴くこと、 …

大阪府四條畷市のスウォナーレキッズボーカル教
キッズボーカル教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ スウォナーレキッズボーカル教室に通われる生徒さんより 東大阪市より 熱心なお …