大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

兄弟レッスン増えています [ 3 ] キッズボーカル(兄)& バイオリン(弟)の場合

   

お兄ちゃんの音感と天性の美声 !! 

「 バイオリンを習いたい !! 」と一足先に習い始めたのは小さな弟くんの方でした。

お兄ちゃんもバイオリンレッスンに付き添うように よく一緒に来られていましたが、
レッスンに対しては ピン!とこない様子。
決して興味がないわけではないようで
「 自分もレッスンする❢ 」 という現実味がなかったのか?・・お付き添い一貫でした。
それでも『 歌好き 』は想いを上回っているようで、学校でも よく歌っていたそうです。

「 声楽のレッスンを受けたいと思います !! 」
お母さまを通じてご連絡を受けて、正直すこし驚きました (-_-;)
もともと よく通る声で、
その歌声を聴いた推薦者さんからの( 歌を習ってみたら?という )後押しで
「 歌を習ってみようかな・・ 」と思ったようです。


お兄ちゃんの声楽レッスンをスタートさせて

お兄ちゃんの歌声に またまた二度びっくり !!
抜群の音程と透き通った天性の美声に『 なるほど ね (^^♪ 』と
彼の才能に気づいて後押し推薦された方に感謝ですね。
『 聴講 』という言葉がありますが、
弟くんのレッスンのお付き添いで育まれたものも大きいと感じます。

声楽レッスンをスタートさせて まだ数ヶ月、
お母さまとの二人三脚で お家でのおさらいも順調です。
男の子が二人、お互いのテリトリーを守って上手になってくれると思います。
声楽 & バイオリンのセッションを目標に楽しみが 2倍に膨らみます (o^―^o)

男の子が歌を習う
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室 ♪

人前で堂々と歌える理由

 - ボイトレ・声楽・オペラ, ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

難しいな
バイオリンのシフティング( ポジション移動 )について

サードポジションへ ♪  ファーストポジションがマスターできてある程度の力がつい …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
兄弟で同じ楽器を習うという選択 ♪

やっぱりピアノを習わせたい!  下のお子さんは、とにかく観察力に優れていますね。 …

大阪府 四條畷市のスウォナーレ声楽教室
オペラを歌う < 古典オペラのアリア > ゜・*:.。. .。.:*・♪

古典オペラ アリア / Le Violette すみれ  アリア 『 Le Vi …

兄弟レッスン増えています [ 2 ] <キッズボーカル( 姉 )& ピアノ( 弟 )の場合>

【 潜在能力はちきれる !! 】 3歳からピアノを始めた男の子の場合 ❢  皆さ …

リズムを刻む
音痴の直し方! [ 3 」 < 上手くリズムが刻めない >

リズム感を鍛えること < 原因 3.> 原曲通りの正しいリズムを刻む為にはどうし …

オペラ ・ ミュージカル教室
歌唱が不安定になる理由 ♪

腹筋コントロール  腹筋をコントロールできる力を身に着けることで歌唱が安定します …

脱力について
バイオリン『 脱力 』のポイント!

『 脱力 』について ♪  ピアノ、バイオリン、また 自らの身体が楽器となる発声 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
声楽個人レッスンについて

 歌のレッスンって個人なの? どんな風にレッスンするの?  学校の音楽の時間では …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
オペラ『 ラ・ボエーム 』の魅力 ♪

若き芸術家たちの競演   ジャコモ・プッチーニの 4大オペラの一つに数えられる …

蝶々夫人
オペラを習いたい !! < 蝶々夫人 とその魅力 >

オペラの魅力 ♫   オペラは、音楽( 歌、楽器 → オーケストラから 古典もの …