大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

バイオリンの弾き方 [ 2 ] < スピッカート について ♪>

      2017/06/04

スピッカート Spiccato とは?

 バイオリンやビオラなど 弦楽器の用語で、弓の弾力を活かして弓を弦にバウンドさせて
跳ねるように演奏します。( 跳弓 )
『 弓を飛ばす 』という表現をします。

バイオリンのスピッカート

 ピアノを学ばれる方なら
「 あれっ? スタッカートの間違いじゃないの? 」と
思われそうですね (^^♪

 

バイオリンには同じ記譜法で、

♪ スピッカート Spiccato
♪ スタッカート Staccato
♪ サルタート Saltato
♪ マルテラート Martellato  という奏法があります。

弓の使い方によって表現の仕方に違いがありますので その都度 奏法の確認が必要ですね。

< 弓は横に動かさず、縦に弾ませましょう >
ポイントは、弓が真っすぐ水平になる重心から中弓半分の位置が
一番弾みやすい位置です。( 弓が自然に弾んでくれます )


< 高さに変化をつけてみましょう >
高くする・・・・遅く飛びます。
低くする・・・・早くとびます。


< 弓を倒さない! >
弓を倒してしまうと音が滑らかになって音がおさえられてしまいます。
( 弓が飛びにくくなります )


< スピッカートの練習方法 ♪ >
先ずは、四分音符から、そして八分音符で
G 線、A 線、D 線、E 線 とそれぞれの線で練習していくとよいですね。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室 ♪

バイオリンの弾き方 [ 1 ] < デタッシュ について ♪ >

 - ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン と ピアノ どちらを習うかで悩む方へ

楽器経験と年齢で考えてみる ☆ 数年の( 2~3 年間ピアノレッスン経験歴あり …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
大人が楽器を始めるメリット ♪

音楽が溢れる生活を体感しませんか?  今年は新年早々 レッスンのお問い合わせを戴 …

スティーブン・フォスター
バイオリンのポジションについて ♪

ファーストポジション < ポジションって何? >  ポジションとは、左手で弦を押 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
音符がスラスラ読めること ♫

音符は世界共通語!  『 文字より先に音符が読める 👆 』 2 …

ピアノ弾く
ピアノによるスキルアップ !!

ピアノのレッスン ♫  声楽レッスンを受講される ご年配の N さんは、歌唱のス …

発表会 と アサーション assertion

発表会で成長できる秘密とは・・?   教室の発表会は、一つの目標であって出演を決 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ 門真市より元気に通われるバイオリン大好き生徒さんより レッスン開始より一度も …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
兄弟で同じ楽器を習うという選択 ♪

やっぱりピアノを習わせたい!  下のお子さんは、とにかく観察力に優れていますね。 …

大阪府四條畷市のクラリネット音楽教室
大人の生徒さんがレッスンを継続できる理由 🎶

生活に活気と潤いを見つけた (^▽^)/  『 ピアノレッスン 』に『 声楽レッ …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンの姿勢について

バイオリンの構え方は身体で覚える ♪  ダンスでも楽器演奏でも構え方(姿勢)は …