大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

バイオリンの姿勢について

      2017/08/30

バイオリンの構え方は身体で覚える ♪

 ダンスでも楽器演奏でも構え方(姿勢)は とても重要です。

バイオリンは、交響楽や室内楽では座って演奏しますが、ソロ演奏の場合 立って演奏します。
どちらも姿勢は大切ですが、
特に立って演奏する際の構え方を身体に覚えさせていくことが必要です。
音の動きが激しいパッセージやボーイングに伴う体重のかけ方(体重移動)の際、
両足の支え=構え(姿勢)ができている、できていないによって音も変わり、
また演奏中の疲労感もかわってきます。
演奏中、身体の上半身は かなりハードな運動をしますので姿勢が悪いと
音色・響きはもとより 首や肩、背中が痛くなったりします。

< ベストな構え方とは >

1. 両足を約 肩幅ほどに開いて左足を前に立つ。

2. 背筋を伸ばして猫背にならないように気を付ける。

3. 重心を心もち(60 % ほど)前にかける。

4. 余分な力を入れず、少し遠方の景色を見るような感じで。(この目線もポイントです!)

ここまではクリアできても、いざバイオリンを持って立つと崩れてしまいます。

 バイオリンを持って構えるとは 

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室

 バイオリンは、左手で持ち、
『 あごあて 』に左顎をつけて挟みます。
ここで首を傾けたり、指板を覗きこんではいけません。
バイオリンを顎で挟んだあと、両手は自由になるようなイメージで
姿勢を崩さず構える・・

バイオリンを持ったことがない、弾いたことがない方にとっては、
バイオリンを顎で挟んで立ついう姿勢は驚きのようです。
 
 
 姿勢を身体で覚えて自然と構えられるようになるまで時間がかかります。
バレエやダンスと同じように鏡で全身を映してトレーニングするとよいですね。

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室 ♪

ヴァイオリンを習う♪ <分数 バイオリン >

 - ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大阪府 四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
ヴァイオリンを習う♪ <分数 バイオリン >

身体に合わせた小さなヴァイオリン  初めて我が子にヴァイオリンレッスンを受講させ …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
海外からバイオリン教室へのお問い合わせ 🎶

バイオリン特別レッスン ♫ 「 今、海外から電話してるんですが・・ 」「 えっ …

リズム 拍子
リズムに乗り遅れる原因とは ? < 四分音符と八分音符について >

リズム感を鍛える!  楽器を演奏する時も、歌唱する時もリズムに乗り遅れると曲のテ …

脱力について
バイオリン『 脱力 』のポイント!

『 脱力 』について ♪  ピアノ、バイオリン、また 自らの身体が楽器となる発声 …

スティーブン・フォスター
バイオリンのポジションについて ♪

ファーストポジション < ポジションって何? >  ポジションとは、左手で弦を押 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
アンサンブルから学べること ♪

アンサンブルの良いところ ‼   アンサンブル emsemble( フランス語 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
演奏に自信を持つこと ✩

人から見られること   美容的観点から『 人から見られているとキレイになる ❢ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
観る人を笑顔にできる力

エンタテイナー性が身に付く教室コンサート第二部 ♪   毎年開催する教室コンサー …

ピアノ弾く
ピアノによるスキルアップ !!

ピアノのレッスン ♫  声楽レッスンを受講される ご年配の N さんは、歌唱のス …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
ピアノ と バイオリンの両立 ♪

ピアノ & バイオリンの並行レッスンで得られる大きなメリット ❢    …