大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

コーラス(合唱)の魅力 ♫

      2017/08/30

 

 一緒に歌ってみませんか?

コーラス 』 とは、音程の違うメロディーを複数で歌唱すること。
『 合唱 』 とも言いますね。
女性 2部合唱なら、女性のみで 主旋律(メロディー)とサブメロディー(セカンドメロディー)の 2つのパートに分かれて演奏します。
ここで、サブメロと言われると確かにメロディーを より輝かせる為のパートになりますが、
とても大事な役割だと言えます。

各パートの基本は声質で高音部と低音部に分かれるとお互いに持ち味を発揮でき スムーズですが、音程が不安定な場合だとサブメロは難しく感じてしまうこともあります。
よく言われる 『 つられてしまう 』 という現象ですね。
初心者さんなら、ある程度の人数で合唱できるのであれば 声質のみにこだわらず、
安定した音程が取れる( 得意 )、取りにくい( 経験が少ない )なども考慮しながら
パート分けができるとよいですね。

 また、混声 4部合唱なら、女性 2部合唱に男性 2部合唱を合わせた重厚感あるもので、
他にも 3部合唱など それぞれに持ち味と美しさがあります (^^♪

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室

楽譜が読めなくても大丈夫です ❢ (o^―^o)

 よく 『 楽譜が読めないんです 』 とご相談を受けます。
歌でも楽器でも躊躇される原因の一つに 『 譜読 』 があげられます。
音符の読み方、楽譜の読み方、リズムの取り方は練習を重ねていくことで
自然と習得できるようにサポートしますので ご安心頂けます。
メンバーの一人に加わって楽しんでみよう ♫ 』 という気持ちがあれば十分です。

 歌の世界の奥深さを知ったり、思いがけない発見で驚いたり嬉しくなったり、
歌の魅力を堪能したり、沢山の歌と出会って歌うことで成長もできます。
そして成長することに年齢や性別は関係ありません。

 60歳をこえて歌を始められた生徒さんでも 「 知らなかった! そうなんだ・・ 」 と
知らないことと出会えることを楽しまれています。
( 知らないことを知る=成長の一つですね ♪ )
歌は人を輝かせる大きな力を持っています

。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ 声楽 & ボイストレーニング教室

歌を上手に歌うコツ♪ <音程を安定させて歌うには >

 - ボイトレ・声楽・オペラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
感動する歌を歌いたい!< 誰も寝てはならぬ ♪ >

歌劇『 トゥーランドット 』よりカラフ王子のアリア (^^♪  物語りの舞台は古 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
音を外さず歌えるようになる方法 !!

歌唱レッスンで必ず上達します (^▽^)/  歌が苦手 (-_-;) と諦めてし …

オードリーヘプバーン
歌を歌って美しくあり続ける理由 ♪

美しい唇である為には・・   美しい歌詞で描かれた歌は山のようにあります。 作詞 …

ナポリ民謡
歌うまキッズへの道 ☆

初めて イタリア歌曲に挑戦!  キッズボーカルレッスンをスタートされて 3年目。 …

やる気
60代、70代以上でも自信をもって美声で歌えます ♪

強い想いと気構えがあれば十分です (^^)v  年齢を重ねると老化するのは自然の …

大阪府 四條畷市のスウォナーレ声楽教室
声楽を習うこと < イタリア歌曲 ♪>

< イタリア歌曲を歌う ♪ >  本格的に声楽を学ぶ人は、必ずと言っていいほど …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
他人のピアノ演奏から刺激を受けること ♪

『 発表会 』の良いところ  発表会の良いところは、いろんな出演者( 生徒さん方 …

イタリア
歌曲 『 Caro mio ben 』 カロ・ミオ・ベン を歌うこと ♪

憧れの歌曲を歌う ♫  ずっと音楽とは無縁で過ごしてきました・・とおっしゃる O …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
キッズボーカル 初めての発表会 🎵

小5 の女の子、大舞台で堂々と歌う !!   初めての舞台は『 楽しみ ♪ 』と …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
喜歌劇『 メリー・ウィドウ 』の魅力

オペラ鑑賞デビューに お勧めの喜歌劇 🎶  フランツ・レハール( …