大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

歌を上手に歌うコツ♪ <音程を安定させて歌うには >

      2017/08/30

加齢による歌唱力の衰え

 30代後半くらいから、40代、50代 と加齢による歌唱力の衰えに
悩まれている方も多いと思います。
若い頃は、体力も旺盛で力もあり 声にもハリとパンチがあります。
安定した音程、声量、キレのある高音と若い頃の歌声はどのような歌い方でも
若さと力である程度なりたい歌声に近づけることができます。

 ところが ある日、子どもちゃんの運動会の父兄参加競技などで足がもつれてしまって
「 アレっ?(思うように走れない・・) 」という例がありますね。
40代、50代でも思考力は まだまだ若いので
若い頃の感覚と実年齢による運動機能低下のギャップが生じる一例です。

歌声も同じで、
♪ 声量の変化・・・・・・若い頃のように出そうと力みすぎてしまう
♪ 不安定な音程・・・・・力みにより安定感がなくなる
♪ 高温がでなくなる・・・声が届かない(音を外してしまう)
『 若い頃のように歌えないと 』感じられることがあると思います。

これらは、全て発声法によって克服することができるのです。

安定した歌唱力で歌うには ♪

 先ずは力で持っていかないことですが、その為には 体力をつける、
トレーニングをするなど歌唱力のアンチエイジング対策と心がけが必要になりますね。
つい声量を求めたり、高音域を出そうと力んでしまいがちですが、
力むと喉を閉めてしまう状態になり、声帯にもかなりの負担をかけてしまいます。

大切なのは、脱力という余分な力をぬくことと、下半身の支えです。
声は音程も声量も腹筋でコントロールします。
若いうちのレッスンとトレーニングで身に付けられるとよいですが、
下半身の支え、正しい発声法によって年配の方でも心地よく歌えます。

声楽(オペラ)の世界では、40代、50代は円熟期。
正に脂の乗った歌唱力で聴衆を魅了します。

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽 & ボイストレーニング教室
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽 & ボイストレーニング教室

声が老けたと悩む方へ < 貴方も美声になりませんか ♪ >

 - ボイトレ・声楽・オペラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
オペラ アリアの魅力 ♪ < フィガロの結婚 >

『 フィガロの結婚 』よりケルビーノのアリア (^^♪  オペラ アリアとは、歌 …

イタリア
歌曲 『 Caro mio ben 』 カロ・ミオ・ベン を歌うこと ♪

憧れの歌曲を歌う ♫  ずっと音楽とは無縁で過ごしてきました・・とおっしゃる O …

ナポリ民謡
歌うまキッズへの道 ☆

初めて イタリア歌曲に挑戦!  キッズボーカルレッスンをスタートされて 3年目。 …

リズムを刻む
音痴の直し方! [ 3 」 < 上手くリズムが刻めない >

リズム感を鍛えること < 原因 3.> 原曲通りの正しいリズムを刻む為にはどうし …

音が外れる
音痴を直したい! [ 1 ] < 音が外れる原因 >

歌っていて音が外れる原因とは? 😢  上手く音程が取れない、音が …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
音符がスラスラ読めること ♫

音符は世界共通語!  『 文字より先に音符が読める 👆 』 2 …

大阪府 四條畷市のスウォナーレ声楽教室
声楽を習うこと < イタリア歌曲 ♪>

< イタリア歌曲を歌う ♪ >  本格的に声楽を学ぶ人は、必ずと言っていいほど …

大阪府四條畷市の声楽スウォナーレ教室
美しく発声する方法 ♪

嬉しい生徒さんの成長 (^^♪  声楽レッスンは、ピアノやバイオリンなどの楽器演 …

大阪府四條畷市のスウォナーレキッズボーカル教
キッズボーカル教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ スウォナーレキッズボーカル教室に通われる生徒さんより 東大阪市より 熱心なお …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
声楽教室に通われる生徒さんからのお便り ♪

門真市より通われるスウォナーレ声楽教室の生徒さんからのお便り < 歌うことが大好 …