大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

『 子どものボーカルレッスン 』で得られる 3大メリット [ 1 ]

      2020/03/10

ポイント 1. : 音感 & リズム感がダイレクトに身に付く 👆

『 歌を歌うこと 』は リズムをとりながら音程を合わせて同時に歌詞を乗せて表現します。
ピアノやバイオリンなど 楽器を演奏して楽曲を表現することと大きく違うところは
自らの身体を使って演奏する、つまり身体が楽器になるということです。

実際、楽器を演奏すると とても上手に弾けるが、
「 歌を歌うことが苦手なんです (-_-;) 」という方が少なくありません。


<では『 歌うことで音感やリズム感が身に付く 』というのはどういうことなのでしょう?>

 音程の種類として

『 ド 』『 ♯ ド( ♭ レ )』『 レ 』『 ♯ レ( ♭ ミ )』『 ミ 』『 ファ 』
『 ♯ ファ( ♭ ソ )』『 ソ 』『 ♯ ソ( ♭ ラ )』『 ラ 』『 ♯ ラ( ♭ シ )』『 シ 』

レッスンでは、これら 12音階を基本として 子どもでも 2オクターブ近い発声を目指します。
自分の声で楽器さながらの音程を正しくランダムに発声できるということです。

 
ナポリ民謡『 帰れソレントへ Torna n Surriento 』
発表会本番。小学 5年生( 11歳 )の男の子がマイクなしで歌唱しています ♪


 楽曲が違えば リズムや音程の組み合わせも変わるので、
例えば、『 ♭ シ 』『 ソ 』『 ♭ ミ 』『 ラ 』という音程の組み合わせなら
それがレッスンによって難なく音を外さずにとれるようになるということです。

更に その音程にリズムが加わりますので身体がリズムに反応し、
音程や音符の組み合わせで出来上がる楽曲に合わせて
『 音程 & リズム 』同時進行で発声できるようになるのです。

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室

ピアノの音を Pon ! と弾いて音が鳴るのと同じく
ピンポイントで音を Ah ~♪ っと発声できるようになるのですから凄いですよね (^^♪
 

。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室

『 子どものボーカルレッスン 』で得られる 3大メリット [ 2 ]

 - ボイトレ・声楽・オペラ ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

葉牡丹
ようこそ スウォナーレ音楽教室へ ♪< 新春からの体験レッスン >

年始から続けて 6件の体験レッスン 🎶  年末から お約束してい …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
子どもの声楽レッスン < マスク着用レッスン >

マスクを着用! 快適レッスン ♪  「 マスクをしたままで歌のレッスンができるの …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
「 間違えたらどうしょう・・ 」と思うくせを直したい !!

十二分に練習し力は必ず発揮できる ❢  「 もし間違えたら (-_-;)・・」と …

解って演奏できるということ [ 1 ] < 歌唱の場合 >

耳コピーだけでは万全とはいえない !?   大人の生徒さんの場合、楽器( ピアノ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
日本歌曲『 九十九里浜 』の魅力 と 歌唱のポイント ♪

拍が変化する曲 !!  いきなり高速の激しいピアノ前奏からスタートする為、 冒頭 …

ピアノ弾く
ピアノによるスキルアップ !!

ピアノのレッスン ♫  声楽レッスンを受講される ご年配の N さんは、歌唱のス …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
歌曲『 花の街 』の魅力と歌唱のコツ

平和への想いを込められた叙情歌   戦後の荒れ果てた街並みに心を痛め、心の中の空 …

やる気
60代、70代以上でも自信をもって美声で歌えます ♪

強い想いと気構えがあれば十分です (^^)v  年齢を重ねると老化するのは自然の …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
[ 声楽教室 ] 生徒さんからのお便り

♪ 奈良県生駒市より通われる スウォナーレ声楽教室の生徒さんより 常に努力を怠ら …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
50代の声楽レッスン ♪ 『 思うように声がでない悩み 😢 』

年に一度リサイタルを開催される H さん  ご自身のバンドをお持ちで、毎年リサイ …