大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

バイオリンが弾ける楽しさとは ♪ < 音が鳴る醍醐味を体感 !! >

   

12 平均律について

 ピアノという楽器は、元々 12平均律にチューニング( 調律 )されています。
鍵盤を叩けば そのキーの音が鳴るということに漠然と違和感を感じてしまう子どもちゃんが
たまにおられます。( 直ぐ鳴る = おもしろくない ?! )

楽器経験がなくても『 音が鳴る仕組み 』に着眼できているということですね。
少々マニアックな感じがするかも知れませんが、
それだけ繊細で物事を極めるタイプだと思います 🎶


大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室

 バイオリンには鍵盤がなければ、
ギターのようなフレットもありません。
なかなか音程がとれず、
音もすぐには鳴ってくれませんが、
一から自分の音を作り出していくという
バイオリンならではの醍醐味にハマるのは
( あえてハマると表現するなら )
特に男の子くんに多いような気がします。
例えば、一つの音についても
ピアノで表現するアーティキュレーション、
『 音色 』『 響き 』『 強弱 』のうえに
音の幅を知ることになります。
バイオリンならではの面白さを知れば知るほど
音の作り方はゲーム以上の魅力ですね。
 

男の子と女の子の違い

 幼い女の子ちゃんは どちらかといえば先ずは形が優先です。
可愛いケース、カラフルなグッズ、おしゃれなレッスンバッグなどは
『 上手になりたい 』 気持ちを後押ししてくれて断然モチベーションアップ ❣
幸せな気持ちになりますよね (o^―^o)

男の子くんは、形よりもなかみ!
ハマるとどんどん没頭して夢中になります。
練習量や進歩のしかたは男女とも同じように上達できますが、目線が違うようです (^^♪
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室 ♪

バイオリン と ピアノ どちらを習うかで悩む方へ

 - ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンの音程をピアノで確認すること 🎶

ド レ ミ の 位置関係  バイオリンを弾く上で、音程を正確にとれることは演奏者 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
発表会を楽しむこと < 舞台で大きく成長できたこと ❢ >

発表会が無事に終了しました (^▽^)/   教室発表会の日は演奏する出演者もス …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ 門真市より元気に通われるバイオリン大好き生徒さんより レッスン開始より一度も …

3歳から学べるバイオリン教室 🎻

生涯の宝物を作ってあげたい ♪  子どもちゃんが、3歳にもなると行動力もどんどん …

集中
バイオリンが上手に弾ける喜び ♪

上手に弾けるが増えること ♫  『 上手に弾ける曲!』が どんどん増えてくると自 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
音楽が良い理由 < 赤ちゃんと音楽 > 2015.4.28

赤ちゃんの聴覚 『 音 』 の種類( 強弱・高低・音色 など )が判断できる能力 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
ビブラートについて < バイオリンの場合 >

アマデウス・モーツァルト父の言葉 ❢   弦楽器( バイオリンやビオラなど )の …

リズム 拍子
リズムに乗り遅れる原因とは ? < 四分音符と八分音符について >

リズム感を鍛える!  楽器を演奏する時も、歌唱する時もリズムに乗り遅れると曲のテ …

脱力について
バイオリン『 脱力 』のポイント!

『 脱力 』について ♪  ピアノ、バイオリン、また 自らの身体が楽器となる発声 …

大阪府 四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室 冬の体験レッスン

年の瀬の体験レッスン 🎶 『 平成 』最後の年の瀬に ピアノレッ …