大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

バイオリンが弾ける楽しさとは ♪ < 音が鳴る醍醐味を体感 !! >

   

12 平均律について

 ピアノという楽器は、元々 12平均律にチューニング( 調律 )されています。
鍵盤を叩けば そのキーの音が鳴るということに漠然と違和感を感じてしまう子どもちゃんが
たまにおられます。( 直ぐ鳴る = おもしろくない ?! )

楽器経験がなくても『 音が鳴る仕組み 』に着眼できているということですね。
少々マニアックな感じがするかも知れませんが、
それだけ繊細で物事を極めるタイプだと思います 🎶


大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室

 バイオリンには鍵盤がなければ、
ギターのようなフレットもありません。
なかなか音程がとれず、
音もすぐには鳴ってくれませんが、
一から自分の音を作り出していくという
バイオリンならではの醍醐味にハマるのは
( あえてハマると表現するなら )
特に男の子くんに多いような気がします。
例えば、一つの音についても
ピアノで表現するアーティキュレーション、
『 音色 』『 響き 』『 強弱 』のうえに
音の幅を知ることになります。
バイオリンならではの面白さを知れば知るほど
音の作り方はゲーム以上の魅力ですね。
 

男の子と女の子の違い

 幼い女の子ちゃんは どちらかといえば先ずは形が優先です。
可愛いケース、カラフルなグッズ、おしゃれなレッスンバッグなどは
『 上手になりたい 』 気持ちを後押ししてくれて断然モチベーションアップ ❣
幸せな気持ちになりますよね (o^―^o)

男の子くんは、形よりもなかみ!
ハマるとどんどん没頭して夢中になります。
練習量や進歩のしかたは男女とも同じように上達できますが、目線が違うようです (^^♪
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室 ♪

バイオリン と ピアノ どちらを習うかで悩む方へ

 - ヴァイオリン・ビオラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
音楽を通して人とつながること ♪

お友だちがいない・・という貴方へ < 音楽を通じて出会う感動と奇跡 >  人付き …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリン教室に通われる生徒さんからのお便り

♪ スウォナーレバイオリン教室の生徒さんより 手作り便箋に素敵な手作りアート ( …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
春から通うバイオリン教室 🎻

バイオリンが弾けるってカッコいい !! 『 楽器を演奏するって難しくないの? 』 …

発表会 と アサーション assertion

発表会で成長できる秘密とは・・?   教室の発表会は、一つの目標であって出演を決 …

大阪府四條畷市のクラリネット音楽教室
大人の生徒さんがレッスンを継続できる理由 🎶

生活に活気と潤いを見つけた (^▽^)/  『 ピアノレッスン 』に『 声楽レッ …

難しいな
バイオリンのシフティング( ポジション移動 )について

サードポジションへ ♪  ファーストポジションがマスターできてある程度の力がつい …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンの弾き方 [ 1 ] < デタッシュ について ♪ >

デタッシュ Detache とは?  弦楽器の( バイオリン、ビオラなど )用語 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ選曲を楽しみにすること ♫

選曲とは・・  受験曲やコンクール曲は、大抵 何曲かの課題曲があり、その中から選 …

右手
バイオリンの右手の難しさとは? 🎻

バイオリンの右手と左手ではどちらが難しいの?  バイオリンを持つ左手、弓を持つ右 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
ビブラートについて < バイオリンの場合 >

アマデウス・モーツァルト父の言葉 ❢   弦楽器( バイオリンやビオラなど )の …