大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

『 お菓子と娘 』魅力と歌唱のコツ ♪

   

フランスの香りがするお洒落な歌 🎶

 曲全体的に明るく楽しげな歌です。
歌詞も幸福感に満ちて素敵ですね (^^♪

< 低音の響きや音程の跳躍が難しい >

リズムのきざみもほぼ単調で音程も 10度以内でまとめられていますが、
フレーズのまとまりを低音で着地させることが多いので低音部が苦手な人や子どもちゃんには難しい曲です。
音程も 4度、5度、6度と音の開き( 音と音の間 )がたくさん出てきます。
( 1 オクターブの跳躍もあります !! )
エチュードとして念入りに音程の開きの練習をするとよいですね。


『 スウォナーレ キッズヴォーカル教室 』
小学 5年生 11歳の女の子 『 お菓子と娘 Desserts and Girls 』

< フレーズと歌詞 >

 楽譜に込められたフレーズを丁寧に歌えることで
曲の表情が生きてきます。

『 お菓子の好きなパリ娘 二人そろえばいそいそと かどの菓子やへボンジュール
夜間も遅しエクレール こしも掛けずにむしゃむしゃと 食べて口ふくパリ娘 』

「( 馴染みのお店へ? ウキウキしながら )いそいそと 」
「( 元気に笑顔でご挨拶 )ボンジュール! 」
「( 幸せな気分で )むしゃむしゃと 」

『 ラマルティーヌの銅像の 肩でツバメの宙返り

動きを表現できると曲に奥行きがでますね。


< バックで盛り上げてくれる伴奏 🎹 >

 あまり動きのないところから細かいスタッカート奏に続いて 3連符へと変化していきます。
特に 3連符に変化するところは伴奏音を聴いてしまうと歌いにくく感じます。

歌唱メロディーをしっかり覚えて歌い込んでおくとよいですね。

※ 『 ラマルティーヌの銅像 』

アルフォンス・ド・ラマルティーヌは フランスにおける近代抒情詩の祖で政治家としても活躍しました。
立像はフランス( パリ 16 区 )ラマルティーヌ広場の公園北側にあります。

お勉強熱心な生徒さんは「 あぁ ここで宙返りをするのね 🎶 」とイメージを膨らませたそうです (o^―^o)

。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室 ♪

『 歌ってみたい曲 』を歌うこと ♩

 - ボイトレ・声楽・オペラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

6月からピアノ
6月に習い事を始めるメリットとは・・?

6 月 6 日は楽器の日 ♪  日本では、新学期が 4月からスタートし、事始めと …

小さな声の悩み
声が小さいと悩む方へ

声が小さい悩み  お家では( リラックスした状態では )大丈夫ですが、 外にでる …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
リラックスして歌う美声 ♪

連休明けのレッスン ♪  大型連休明けのレッスンは、特にウォーミングアップの時間 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
バイオリンの音が映える歌曲 ♪

音で大地を感じるプランテーションソング ♪   心理学の世界では『 箱庭療法 』 …

流れ
歌うと どもらない理由

歌うとどもらないってホント?   史実を基に描かれた『 英国王のスピーチ 』とい …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
9歳の男の子が歌う子守唄 < 歌唱のポイント >

子守唄は優しい記憶 < 癒やしの曲 ✨ >  日本の子守唄として地 …

大阪府四條畷市の声楽スウォナーレ教室
美しく発声する方法 ♪

嬉しい生徒さんの成長 (^^♪  声楽レッスンは、ピアノやバイオリンなどの楽器演 …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
小3 から始める声楽レッスン 🎵

  大きな舞台に立って歌いたい !!  小 3 の E ちゃんが入室さ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
男の子が声楽を習うこと 🎶

『 ヴォーカル男子 』ってカッコいい (^^♪   ピアノを習っている『 ピアノ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
コーラス(合唱)の魅力 ♫

   一緒に歌ってみませんか? 『 コーラス 』 とは、音程の違うメロ …