大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

喜歌劇『 メリー・ウィドウ 』の魅力

      2019/05/18

オペラ鑑賞デビューに お勧めの喜歌劇 🎶

 フランツ・レハール( 1870~1948 )作曲の喜歌劇 『 メリー・ウィドウ Merry Widow 』は、アン・デア・ウィーン劇場で 1905 年に初演されました。
空前の大成功を収めた後、ヨハン・シュトラウス 2世によって築かれたウィーンオペレッタの黄金時代を引き継いで、新感覚のオペレッタの白銀の時代に イムレ・カールマン、ローベルト・シュトルツと共に活躍していきます。

オペレッタとは小さなオペラという意味をもっていて、オペラほど形式高くなく
風刺や時には流行歌なども取り入れられた娯楽色が濃いもので
オペラ鑑賞デビューとしてとても親しみやすいと思います。

 メリー・ウィドウが 100年以上も愛され続ける理由は、楽曲の素晴らしさで、
美しいウインナーワルツにのって展開されるストーリーも分かりやすく
どこか滑稽で誰もが楽しめる作品です。

オペラって難しそう・・
性に合わなさそう・・
そんな固定概念も吹き飛んでファンになる方も多いと思います (^^♪


 
喜歌劇『 メリー・ウィドウ序曲 The Merry Widow Overture 』
ピアノでオペレッタの世界を表現しました (^▽^)/
大人の生徒さん( ピアノレッスン歴 2年目 Scond year of piano lesson )

 声楽レッスンキャリア 3年の O さんは、メリー・ウィドウを鑑賞されて
感動され、大ファンになられたようです 👍
序曲に始まり、アリア、二重唱、合唱とどの楽曲をとっても美しく、
特に メリー・ウィドウのワルツ と言われる『 唇は黙して 』はテーマミュージックで、
レッスンを受講されて初めて「 この曲を歌いたい !! 」と言われたお気に入りの曲です。

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室

< メリー・ウィドウ >

『 陽気な未亡人 』という意味で、
陽気で優雅なヒロイン、ハンナ・グラヴァリを中心に
窮地に立たされた祖国の経済状況の打開に画策する男性陣、そして その妻たちが織りなす物語です。
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 ♪

オペラ『 ラ・ボエーム 』の魅力 ♪

 - ボイトレ・声楽・オペラ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが買えない 😢 < 音楽をあきらめない為に >

音楽をあきらめない方法 ピアノを始めたい!と思ってはみたものの・・ ♪ 家にピア …

大阪府四條畷市のスウォナーレ音楽教室
観る人を笑顔にできる力

エンタテイナー性が身に付く教室コンサート第二部 ♪   毎年開催する教室コンサー …

歌う
声楽を習ってコーラス( 合唱 )を楽しむ !< こんな方にお勧めです >

学びながら楽しむこと! ♪ ずっと歌ってみたかったけど、音符も読めないし・・と不 …

小さな声の悩み
声が小さいと悩む方へ

声が小さい悩み  お家では( リラックスした状態では )大丈夫ですが、 外にでる …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室
声楽レッスンでわかる声の状態について

歌うことで心身の状態がわかるの?  歌唱前の準備運動として『 発声練習 』で先ず …

リズム 拍子
リズムに乗り遅れる原因とは ? < 四分音符と八分音符について >

リズム感を鍛える!  楽器を演奏する時も、歌唱する時もリズムに乗り遅れると曲のテ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ選曲を楽しみにすること ♫

選曲とは・・  受験曲やコンクール曲は、大抵 何曲かの課題曲があり、その中から選 …

歌のテストで上手に堂々と歌えたこと♪

胸を張って「 もみじ 」を歌う ♪  キッズボーカルレッスンの Y ちゃんは、レ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 / キッズボーカル教室
男の子が声楽を習うこと 🎶

『 ヴォーカル男子 』ってカッコいい (^^♪   ピアノを習っている『 ピアノ …

大阪府四條畷市のスウォナーレ声楽教室 キッズボーカル教室
『 子どものボーカルレッスン 』で得られる 3大メリット [ 3 ]

表現力が身に付く !! (^▽^)/  人と人をつなぐ日常のコミュニケーション、 …