大阪 四條畷市 音楽・ピアノ・ボイトレ・声楽・フルート・クラリネット・ヴァイオリン・リトミック教室、保育士資格音楽教室ならスウォナーレ

音楽教室 スウォナーレ

受験生とピアノ < ピアノを続けながら進学校に合格できる理由 >

      2018/02/11

受験勉強とピアノ

 小学校受験、中学校受験 また、高校受験、大学受験と
毎年 年齢に応じて受験生の生徒さんがピアノレッスンに通われています。
そして『 ピアノを続けながら結果を出す! 』
決して無理をしているわけでもなく、一日の時間を有効に使いながらピアノに触れ
生徒さんの進学先は難関校合格がほとんどです。

♪ 好きなことを取り上げてしまわない、
♪ 小さい頃から続けてきたリズムを崩さない、
♪ 時間の使い方を工夫し、受験期だからこそ気分転換として気持ちの切り替えに必要である、

受験生たちは皆さんピアノを続けながら希望の進学先に合格されます。


 勉強は 頭の中でイメージしながら理解を深めて覚えることを繰り返していきます。
この『 イメージしながら理解、覚える 』ことが大切です。
集中力もいります。

 ピアノの練習と両立しながら難関校に合格できる理由は、
ピアノから自然と学んだ『 集中すること 』『 努力すること 』『 イメージすること 』
『 暗譜すること 』『 経験を積むこと( 出来た!を積み重ねること ) 』など
小さい頃から培ってきたことが大きな力となり、経験になっている為といえます。

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室

 理解と暗記を繰り返していくために
『 地頭 』が鍛えられると勉強の作業効率がアップします。
ピアノは両手の指を独立させながら複雑に動かし、
常に楽譜を先読みし 頭でイメージしながら演奏する作業で、
神経の伝達スピードを活性させ脳の白質の密度を高めることは研究でも発表されています。

 東大生の 2人に 1人はピアノ学習の経験者である・・ということはよくメディアなどでも取り上げられています。
また、進学校として有名な男子校でも同様の数字がでていますので、男の子がピアノを習う 👆( ピアノが弾ける )というのも大きな特徴の一つです ♫

 風邪をひかないだろうか、お腹をこわさないだろうか・・
身体の調子も気になるところですが、体調管理も大事な心構えの一つですね。

『 サクラサク 🌸 』まで あと一歩です !!
 
。・:*:`☆、。・:*:`★    .。・:*:`☆、。・:*:`★:、★ 。・:*:、

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室 ♪

中学生からピアノを始めた生徒さん ♫

 - ピアノ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ教室に通われる生徒さんからのお便り ♪ [ 2 ]

スウォナーレピアノ教室に通われる生徒さんからのお便りです (^^♪ < いつも明 …

大阪府四條畷市のスウォナーレバイオリン教室
ピアノ と バイオリンの両立 ♪

ピアノ & バイオリンの並行レッスンで得られる大きなメリット ❢    …

あがり症の克服にお勧めのレッスン 🎶

『 人前で緊張してしまう 』という悩み   大事な発表の場で極度に緊張してしまう …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノが買えない 😢 < 音楽をあきらめない為に >

音楽をあきらめない方法 ピアノを始めたい!と思ってはみたものの・・ ♪ 家にピア …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
ピアノ選曲を楽しみにすること ♫

選曲とは・・  受験曲やコンクール曲は、大抵 何曲かの課題曲があり、その中から選 …

葉牡丹
ようこそ スウォナーレ音楽教室へ ♪< 新春からの体験レッスン >

年始から続けて 6件の体験レッスン 🎶  年末から お約束してい …

リズム 拍子
リズムに乗り遅れる原因とは ? < 四分音符と八分音符について >

リズム感を鍛える!  楽器を演奏する時も、歌唱する時もリズムに乗り遅れると曲のテ …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
楽器を始めてみたい ♪ と考えている方へ [ 1回目 ] ピアノ 編

楽器の種類について知る < ピアノ ♪ > ☆ ピアノを習う ♪  ピアノは楽器 …

大阪府四條畷市のスウォナーレピアノ教室
中学生からピアノを始めた生徒さん ♫

集中力の持続時間とピアノの関係  大東市から通われる K くんは、難関校で名高い …

脱力について
バイオリン『 脱力 』のポイント!

『 脱力 』について ♪  ピアノ、バイオリン、また 自らの身体が楽器となる発声 …